• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

島木健作の長編小説。昭和12年(1937)に正編、翌年続編を刊行。苦学して東京の大学に進学した主人公の帰農を主題とし、ベストセラーとなる。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉