• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

芸術上の一派。現実の生活を重視し、実生活の体験に基づいた創作を行うもの。特に、明治末期から大正時代にかけての近代短歌の一派をいう。石川啄木 (いしかわたくぼく) 土岐善麿 (ときぜんまろ) 前田夕暮ら。