• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

生物の多様性を保全し、生物資源の持続的な利用を可能にするために1992年の地球サミットで採択された生物多様性条約を批准した国による会議。

[補説]1999年と2000年にコロンビアのカルタヘナとカナダのモントリオールで開催された特別締約国会議(ExCOP1)でバイオセイフティに関するカルタヘナ議定書を採択。2002年にオランダのハーグで開催されたCOP6では、「2010年までに生物多様性の損失速度を顕著に減少させること」を目指す「2010年目標」が採択された。この目標の達成年で、国連の生物多様性年にあたる2010年には名古屋市でCOP10が開催され、遺伝資源の利用と利益配分(ABS)に関する名古屋議定書、2011年以降の新戦略計画「愛知目標」が採択された。