• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

気象庁が実施する観測の一。植物の開花日、動物の初見日初鳴日などを記録し、季節の移り変わりやその年の天候の状況などをみるもの。全国で観測する規定種目と、その地域での指標となる選択種目とがある。昭和28年(1953)開始。令和2年(2020)時点では植物34種、動物23種を対象としたが、令和3年(2021)より植物6種9現象に変更。

[補説]生物観測規則の種目一覧(無印は令和2年で終了。*印は継続中)
〈植物〉
アジサイ(開花*)
アンズ(開花・満開)
イチョウ(発芽・黄葉*・落葉*)
ウメ(開花*)
カエデ(紅葉*・落葉*)
カキ(開花)
カラマツ(発芽)
キキョウ(開花)
クリ(開花)
クワ(発芽・落葉)
サクラソメイヨシノ〉(開花*・満開*)
サザンカ(開花)
サルスベリ(開花)
シダレヤナギ(発芽)
シバ(発芽)
シロツメクサ(開花)
スイセン(開花)
ススキ(開花*)
スミレ(開花)
タンポポ(開花)
チューリップ(開花)
ツバキ(開花)
デイゴ(開花)
テッポウユリ(開花)
ナシ(開花)
ノダフジ(開花)
ヒガンザクラ(開花・満開)
ヒガンバナ(開花)
モモ(開花)
ヤマツツジ(開花)
ヤマハギ(開花)
ヤマブキ(開花)
ライラック(開花)
リンゴ(開花)
〈動物〉
アキアカネ(初見)
アブラゼミ(初鳴)
ウグイス(初鳴)
エンマコオロギ(初鳴)
カッコウ(初鳴)
キアゲハ(初見)
クサゼミ(初鳴)
クマゼミ(初鳴)
サシバ(南下の初見)
シオカラトンボ(初見)
ツクツクボウシ(初鳴)
ツバメ(初見)
トカゲ(初見)
トノサマガエル(初見)
ニイニイゼミ(初鳴)
ニホンアマガエル(初見・初鳴)
ハルゼミ(初鳴)
ヒグラシ(初鳴)
ヒバリ(初鳴)
ホタル(初見)
ミンミンゼミ(初鳴)
モズ(初鳴)
モンシロチョウ(初見)