• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

生物学的原理を他の諸科学の領域に応用しようとする立場。

  1. 哲学で、認識作用を生命の生物学的自己保存の一手段とみる認識論の立場の一。ニーチェマッハベルクソンなど。

  1. 社会学で、社会の構造や機能を生物学的に考察しようとする傾向。社会有機体説や社会ダーウィニズムなど。

  1. 教育学で、遺伝と環境を根幹として、人間の成長を生物学的視点からとらえていく立場。デューイギュイヨー・ヘンダーソンなど。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

[社会/社会関係の言葉]カテゴリの言葉