1. なまのままの新しい皮。はいだばかりで、まだ乾燥や加工のしてない皮。「―をはぐ」

  1. 雁 (がん) や鴨 (かも) の皮を酢に漬けたもの。煮たてた醤油につけて食べる。

  1. 怠けること。ものぐさなこと。また、その人。

    1. 「物ぐさの蔵人と召されけるより、世には―の蔵人とも呼ぶ」〈鶉衣・蔵人伝〉

出典:青空文庫