[形][文]なまぐさ・し[ク]
  1. 生の魚や肉のにおいがする。「魚を料理して手が―・くなる」

  1. 気持ちの悪いにおいがする。また、血のにおいがする。「―・い風が吹く」

  1. 僧が戒律を守らず堕落している。俗臭が鼻につくさま。「―・い坊主」

  1. 欲望・利害などがからんでいるさま。「政界と財界との―・い癒着」

  1. 生意気である。こしゃくである。

    1. 「―・い男呼ばり、置け置け、置いてくれ」〈浄・寿の門松

[派生]なまぐささ[名]