《アイヌ語で巨大な根の意》ガガイモ科の蔓性 (つるせい) の多年草。山地に自生。根は太く、地中にまっすぐに伸びる。葉は長い柄があり、心臓形。夏、白い小花を多数開く。実は細長く、種に絹糸状の毛がある。根は有毒であるが、中国で白首烏 (びゃくしゅう) といい、利尿剤などにする。

[生物/植物名]カテゴリの言葉

出典:青空文庫