[名]
  1. 生きていること。「生と死の分かれ目」⇔

  1. 生命。いのち。「この世に生をうける」「生なきもの」

  1. 毎日の暮らし。生活。「充実した生を送る」

[代]一人称の人代名詞。男性が自分をへりくだっていう語。わたくし。小生。
    1. 「妻より君へあてたる手紙、ふとしたることより―の目に触れ」〈藤村

[接尾]人名に付いて、へりくだった意を添える。手紙文などで、差し出し人の姓または姓名の下に付けて用いる。「山田生」

田山花袋自然主義的な小説。明治41年(1908)発表。小市民家庭の老母の死の前後を中心に、その子供たちの生活と相克する感情を描いた自伝的小説。