• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

用管窺天の解説 - 学研 四字辞典熟語

視野が狭く、見識がないこと。細い管を通して空をのぞくという意。
注記
「管くだを用もちいて天てんを窺うかがう」と読み下す。
出典
『荘子そうじ』秋水しゅうすい
類語
管窺蠡測かんきれいそく 夜郎自大やろうじだい 遼東之豕りょうとうのいのこ

キーワード[見識]の四字熟語