• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 陰暦8月1日、稲の初穂を田の神氏神などに供える穂掛けの行事。また、贈り物を相互に取り交わした民間行事。田の実の節。

  1. 《「たのむ」が「頼む」に通じるところから》主君に太刀・馬・唐物などを献じ、主君からも返礼の物を賜る儀式。鎌倉中期から行われ、江戸時代には徳川家康が江戸入城を8月1日としたため、元日と並ぶ重要な式日となった。田の実の節。