1. キク科の越年草。本州以西の田やあぜに生える。高さ約10センチ。葉はロゼット状で羽状に裂ける。早春、黄色い頭状花を開く。若葉はゆでて食用とする。春の七草ホトケノザは本種をさす。かわらけな。こおにたびらこ。 新年》「―や洗ひあげおく雪の上/冬葉」

  1. キュウリグサのこと。

  1. タナゴの別名。

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[新年/植物]の季語