• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 歌舞伎の大道具の一。背景の書き割りの一部を切り抜き、上下または左右の中心を軸に回転させ、背面を出す仕掛け。

  1. 田楽豆腐の両面をあぶるときの動作のように、左右にはねかえすこと。

    1. 「右と左へ一時 (いっとき) に、―にばたばたばたと打ち据ゑられ」〈浄・忠臣蔵

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉