1. 初め民間の農耕芸能から出て、平安時代に遊芸化された芸能。田植えのときに、田の神を祭って歌い舞ったのが原形で、鎌倉時代から室町時代に流行、専業の田楽法師も出た。能楽のもとである猿楽 (さるがく) との関係が深い。鼓・腰鼓・笛・銅鈸子 (どびょうし) ささらなどを奏しながら舞う田楽踊りと、高足などの散楽系の曲芸のほか、物真似芸やなども演じた。現在では民俗芸能として各地に残る。

  1. 民俗芸能で、田遊び田植え踊りなど田に関する芸能の総称。

  1. 田楽法師」の略。

  1. 田楽豆腐」「田楽焼き」の略。「木の芽田楽」 春》「枸杞 (くこ) の垣―焼くは此奥か/漱石

  1. 田楽返し2」の略。

出典:青空文庫

出典:gooニュース