• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
紀淡海峡。特に、兵庫県洲本市由良の付近をいう。[歌枕]
    1. 「―を渡る舟人揖 (かぢ) を絶えゆくへも知らぬ恋の道かな」〈新古今・恋一〉

京都府北部の由良川の河口。西岸は宮津市由良。[歌枕]
[補説]の歌は、の由良川の河口とする説もある。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉