[語素]《名詞「かい(甲斐)」から》
  1. 動詞の連用形や動作性の名詞などに付いて、その行為をした効果・効験の意を表す。「生き甲斐」「働き甲斐」

  1. 主として人間関係を表す名詞に付いて、その人間関係の効果を発揮する意を表す。…としてのよしみ。「友達甲斐」

  1. 打消しや希望の助動詞などに付いて、動作や状態の程度を表す。

    1. 「理窟につまって、あげくには死なず―な目にあうて、一分 (いちぶん) はすたった」〈浄・曽根崎

出典:青空文庫

出典:gooニュース