甲虫目(鞘翅 (しょうし) 目とも)の昆虫の総称。革質化した堅い前翅 (まえばね) が背面を覆い、これを上翅または鞘翅という。飛ぶときは、その下の膜質の後ろ翅を使う。完全変態。世界で約30万種、日本では約8000種が知られる。肉食のハンミョウオサムシゲンゴロウ、雑食のコガネムシホタルカミキリムシハムシテントウムシなど。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫