• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

諏訪 (すわ) 明神の本地として、また近江 (おうみ) 国水口 (みなくち) の大岡寺の観音堂縁起として語り継がれた説話。また、その主人公。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉