• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

能楽書。正しくは「世子 (ぜし) 六十以後申楽談儀」。世阿弥晩年の芸談を次男の元能 (もとよし) が筆録したもの。永享2年(1430)に成立。能や、その関連諸芸能の研究資料として貴重。