• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 平安時代、女絵 (おんなえ) に対して使われた語。その意味ははっきりしないが、一説に、彩色の絵、また専門絵師の絵ともいう。

    1. 「―など、絵師恥づかしうかかせ給ふ」〈栄花・根合〉

  1. 男の姿を描いた絵。

    1. 「絵にかける―を見て、このやうなる君に情かはしてこそと」〈浮・三代男・二〉