• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、町の支配に当たった町役人。地域により町年寄町代肝煎 (きもいり) などとも称した。江戸の場合、町年寄の下に、数町から十数町に一人の町名主が置かれていた。