• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

よくできていても、肝心なところが欠けているために、完全とはいえないこと。→画竜点睛

[補説]「がりゅう」とは読まない。また、「点睛」を「点晴」、「欠く」を「書く」とは書かない。