• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

image aspect ratio》テレビなどの画面における長辺と短辺の比(アスペクト比)。従来のNTSC方式のテレビ放送では通常4:3であり、現行の地上デジタルテレビ放送などのHDTV(いわゆるハイビジョンフルハイビジョン)では横長の16:9を採用する。映画においては横と縦の比が1.37:1または1.33:1のものがスタンダードサイズと呼ばれ、ほかに横長画面のビスタビジョンシネマスコープパナビジョンシネラマといった方式がある。コンピューターのディスプレーは、VGASVGAXGAUXGAなどは4:3、SXGAでは5:4、一部のノートパソコンが採用するWXGAWXGA+WSXGA+WUXGAでは16:10となっている。単にアスペクト比、アスペクトレシオともいう。