• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動マ四]

  1. 恐れる。

    1. 「海中 (わたなか) を渡るとき、な―・ませまつりそ」〈・上〉

  1. 恐れ多いと思う。かしこまる。

    1. 「千代にも斯くしもがも―・みて仕へ奉らむ」〈推古紀・歌謡〉

  1. 謹んで承る。

    1. 「大君の命 (みこと) ―・み磯に触り海原 (うのはら) 渡る父母を置きて」〈・四三二八〉

[補説]3の例は、形容詞「かしこし」の語幹「かしこ」に接尾語「み」のついた形とみて、恐ろしいので、恐れ多く思って、などの意に解する説もある。