• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 江戸時代、町や村に雇われ、夜警や火事・水門などの番に当たった者。非人身分の者が多かった。

  1. 江戸で、自身番の番人。任につきながら駄菓子・玩具・雑貨なども売った。番太郎。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉