1. 番人が詰めている所。ばんどころ。

  1. 江戸時代、交通の要所に設けて、通行人や船舶などを見張り、積み荷の検査や税の徴収などを行った所。御番所。ばんどころ。

  1. 江戸時代の町奉行所。江戸の南北町奉行所、大坂町奉行所をいう。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫