[名]
  1. 紡績糸の太さを表す単位。重さ1ポンド(約454グラム)で長さ840ヤード(約768メートル)のものを一番手とする。長さが2倍、3倍のものを二番手、三番手とし、数が大きくなるほど糸は細くなる。

  1. ゴルフクラブの種類を表す番号のこと。1番ウッド、5番アイアンなど。

  1. 城にいて警護に当たる兵士。城番。

  1. 順番を決めて交代ですること。

    1. 「―に板の間を勤めける」〈浮・一代女・五〉

[接尾]助数詞。
  1. 競技などに登場する順番をいうのに用いる。「一番手の挑戦者」

  1. 陣立てで、隊の順序をいうのに用いる。「三番手の隊」

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉