[名・形動]普通とは違う怪しい形・姿をしていること。また、そのさま。「異形の者」
  • 「樹木が―な姿を空に現わした」〈梶井・闇の絵巻〉

出典:青空文庫