• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

畳牀架屋の解説 - 学研 四字熟語辞典

重複して、無駄なことをすること。床の上に床を張り、屋根の上にさらに屋根を作るという意味。また、真似まねばかりしていることもいう。
注記
「畳」は、重ねること。「牀」は、床のこと。「屋」は、屋根。「牀しょうを量かさね、屋おくを架す」と読み下す。
出典
『顔氏家訓がんしかくん』序致じょち
類語
屋上架屋おくじょうかおく

キーワード[徒労]の四字熟語

キーワード[真似る]の四字熟語

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。