• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

骨の同じ部位に弱い力が繰り返し加わって起こる骨折。骨に小さなひびのできた状態で、運動時に痛むが、安静時には治まることが多い。骨折原因や発生時期が明確ではなく、発生初期にはX線での診断が難しい。発生部位は下腿 (かたい) (脛骨 (けいこつ) 腓骨 (ひこつ) など)に多いが、肋骨 (ろっこつ) 腰椎 (ようつい) にも起こる。ストレス骨折。過労性骨障害。