• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

病気は、その人の心の持ち方しだいで軽くもなるし、また重くもなるということ。