高尿酸血症による急性の関節炎。体内で過剰になった尿酸が、血液に溶けきれず、結晶化し、関節に沈着。これを白血球が異物と認識して攻撃し、炎症が引き起こされる。足親指の付け根に好発し、歩行が困難になるほどの激痛を伴う。足の甲や足首、膝や肘に発症することもある。

出典:青空文庫

出典:gooニュース