• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

選子内親王による自撰和歌集。寛弘9年(1012)成立。1巻。斎院として長く神に仕える身であった著者が、和歌により仏と結縁 (けちえん) することを目的に編纂 (へんさん) したもの。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉