• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

発菩提心の解説 - 学研 四字辞典熟語

仏教のことばで、悟りを開こうとする気持ちをもって、仏門に入ろうと決意すること。また、俗世間を離れ、出家や隠遁生活に入ること。
注記
「発」は、始める。「菩提心」は、わずらわしい悩みや苦しみを断って、悟りを求めること。最高の悟りである仏の境界を得ること(成仏)を求める心。語構成は、「発」+「菩提心」。「発心ほっしん」は、「発菩提心」の略。「発」を「はつ」と読み誤らない。

キーワード[隠者]の四字熟語

キーワード[悟り]の四字熟語