• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(ドイツ)Der große Krieg der weißen Männerツワイクの連作小説。第一次大戦に従軍した著者自身の経験に基く作品群で、第1作は1927年刊行の「グリーシャ軍曹をめぐる争い(Der Streit um den Sergeanten Grischa)」。以後、生涯にわたり書き続けられ、全6作と未完の1作がある。グリーシャ連作。