• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸前期、用いる刀を白柄にするなど、好んで変わった姿をした旗本奴 (はたもとやっこ) の集団の俗称。水野十郎左衛門を盟主として江戸市中を横行していたが、貞享3年(1686)に幕府により処断された。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉