• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

白水真人の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

中国の貨幣、銭の異称。また、後漢ごかん王朝が興るという予言となった語。
出典
『後漢書ごかんじょ』光武紀こうぶき
故事
中国の前漢を倒して、新しんを建国した王莽おうもうは、銭の表面の文字に金刀とあったのを二字合わせると、漢の姓である劉りゅうの字になり、劉氏が再び勢力を巻き返す兆しであるとして「貨泉」と改めた。しかし、この貨泉の文字も分解すると泉は白水、貨は眞(真)人となり、後漢の初代皇帝、光武帝が白水郷(湖北省)から興る兆しとなったという故事から。
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。