• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形][文]しらじら・し[シク]
  1. 白く見えるさま。また、はっきりと見えるさま。「―・い月の光」

    1. 「よそにふる物とこそ見め白雪の―・しくも思ほゆるかな」〈重之集

  1. 興ざめなさま。「―・い空気が流れる」

  1. うそであったり、本心でなかったりすることが、見え透いているさま。「―・いお世辞」「―・くうそ八百を並べたてる」

  1. 知っていながら知らないふりをするさま。「―・く初対面のあいさつをする」

[派生]しらじらしさ[名]