しろめの多い、にらむような目。

「カツ子の―に一滴の血のしたたりを見た気がして」〈嘉村・秋立つまで〉

出典:青空文庫