• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

篠竹 (しのだけ) を、焦がしたり漆 (うるし) を塗ったりしない矢柄 (やがら) 。しろの。

「柄 (から) は―に、山鳥の羽をあはせはぎに」〈保元・上〉