血液を構成する成分の一。骨髄リンパ節などでつくられ、形は不定で核があり、生体の防御に関与。顆粒性 (かりゅうせい) の好酸球好中球好塩基球などと、無顆粒性のリンパ球単球などに分けられる。顆粒白血球と単球は遊走性があり、食作用によって侵入した細菌・異物などを消化分解する。リンパ球はその細菌などの抗原に対して抗体をつくり、免疫作用をもつ。WBC(white blood cell)。