• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 白地の薄物で仕立てられた半臂 (はんぴ) 下襲に白の帷子 (かたびら) 単 (ひとえ) を重ねて着ること。しろがさね。 夏》

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表裏とも白。また、表裏とも白い下襲 (したがさね) 。盛夏に用いるほか、陰暦4月・10月の更衣 (ころもがえ) に用いる。しろがさね。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

[夏/生活]の季語