• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[枕]露が置く意から、また、露が玉をなす意から、「おく」「たま」にかかる。
  • 「―起くとは嘆き寝 (ぬ) とはしのばむ」〈古今・恋一〉