• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

画像の表示・表現で、明るい部分の階調が失われ真っ白になっていること。暗い背景を背にした人の顔や白い衣服、または風景の白い雲などに生じやすい。一般に、デジタルカメラはフィルムカメラに比べ露光の寛容度(ラチチュード)が狭いため、白とびを回避するには露出補正が必要な場合がある。⇔黒潰れ