• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天平宝字8年(764)の藤原仲麻呂の乱後、鎮護国家および滅罪のため称徳天皇の発願により、南都の十大寺に納められた百万基の木製の供養塔。高さ約23センチ。轆轤 (ろくろ) 細工で作られ、中に納められた陀羅尼は世界最古の印刷物として有名。現在、法隆寺に4万余基が伝存する。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉