• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 百万回。また、数限りなく繰り返すこと。「百万遍頼まれても承服できない」

  1. 一人で念仏を百万回唱えること。

  1. 浄土宗で、極楽往生を願って10人ずつの僧や信者が輪になって念仏を唱え、1080個の玉の大数珠を100回、順送りにする仏事。合わせて百八万遍の念仏になる。京都知恩寺で始まり、のちに一般でも行われるようになった。百万遍念仏。

  1. 知恩寺の異称。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉