100人の歌人の歌を1首ずつ選んで集めたもの。藤原定家の撰といわれる「小倉百人一首」が歌ガルタとしてよく用いられている。また、それに倣った種々のものがある。ひゃくにんしゅ。ひゃくにんし。→小倉百人一首[補説]

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉

出典:青空文庫