• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 頭の頂上。脳天。100の経絡の出合う所として、鍼灸で最も重視される。

    1. 「背後 (うしろ) から、一條が―の下へ二寸程切り附けた」〈鴎外・大塩平八郎〉

  1. 馬の背の後方の高い所。〈日葡

  1. 《中心となるものの意から》仏陀。

    1. 「―いまだ瞻部 (せんぶ) に誕ぜざりし時は」〈性霊集・一〇〉

[医学/東洋医学]カテゴリの言葉