• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

百八煩悩の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

人間が過去・現在・未来にわたって経験する多くの心の迷いや苦しみのこと。▽「煩悩」は仏教用語で、人間の心身をわずらわし悩ませる迷いの心の意。それが全部で百八種類あるという。
句例
百八煩悩を振り払う
用例
静かに思えば、鬼の形しけるは我身を纏まとう百八煩悩の現躰なりける。<北村透谷・松島に於て芭蕉翁を読む>

百八煩悩の解説 - 学研 四字熟語辞典

仏教のことばで、人間が過去・現在・未来を通じてもっている百八の迷いと苦しみ。
注記
「煩悩」は、衆生しゅじょうの心身をわずらわせる迷いや苦しみ。百八種の煩悩の分類には諸説ある。
表記
「悩」を「脳」と書きちがえない。
用例
人情とはいかなるものをいうや。曰いわく、人情とは人間の情慾じょうよくにて、所謂いわゆる百八煩悩是れなり。〈坪内逍遥・小説神髄〉

百八煩悩の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。人間の心身を悩まし迷わせる煩悩。数の多いことを百八と示したもの。一説に、眼・耳・鼻・舌・身・意の六根のそれぞれに悩みが六つあって36、これを過去・現在・未来にそれぞれ配して合計108とする。

キーワード[迷い・迷う]の四字熟語

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。