• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

百戦錬磨の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

数々の実戦で鍛えられること。また、多くの経験を積んでいること。▽「百戦」は数多くの戦い。「錬磨」は練り磨くこと、よく鍛えること。多くの戦いにのぞんで武芸を鍛え磨くことをいう。
句例
百戦錬磨のつわもの
用例
清正という人物は、百戦錬磨の将だけに、ひどく「功名上手」なところがある。<司馬遼太郎・関ヶ原>
類語
海千山千うみせんやません 千軍万馬せんぐんばんば 飽経風霜ほうけいふうそう

百戦錬磨の解説 - 学研 四字熟語辞典

数々の実戦を積んで、武芸の技量を練り磨きあげること。転じて、実社会で多くの経験を踏んで鍛えあげられること。
注記
「百戦」は、数多くの戦い。「錬磨」は、学芸や技量などを練り磨くこと。
表記
「錬磨」は、「練磨」とも書く。「磨」を「魔」「摩」などと書きちがえない。
類語
海千山千うみせんやません 千軍万馬せんぐんばんば

百戦錬磨の解説 - 小学館 大辞泉

たびたびの戦いで鍛えられていること。また、経験が豊かで処理能力にすぐれていること。「百戦錬磨のつわもの」

キーワード[人物]の四字熟語

出典:gooニュース

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。